Connecting...

前の記事に戻る

ドイツでの就職・転職:ドイツ語スキル無しでも可能?

Posted 5ヶ月 前 by Ezgi Bilke

W1siziisijiwmjevmduvmdyvmdevntyvmduvzdazyjk2mtqtmguyyy00zwu0ltlmyzutotmzndlmmteznwq4l%2bodieocpoodhoobp%2bobruwwseibt%2bodu%2bi7ouibt%2b%2b8muodieocpoodhoiqnuwkm%2beeoeobl%2bobp%2bocguwpr%2bidveobiy5wbmcixsxbinailcj0ahvtyiisijgwmhgzntajil1d

最近、ドイツへの移住を希望する日本人の数は増加しています。留学後、そのまま就活するケース、駐在で赴任後、転職してドイツに残るケース、日本で数年働いた後、ドイツでの転職にチャレンジするケースと様々ですが、皆さんの共通の関心は、現地の言語知識がなくても就職は可能かということです。今回は、ドイツで就職する際に、語学力がどの程度必要なのかを説明します。

ドイツは世界第4位の経済力を持ち、社会保険制度や教育制度も充実しており、住みやすい国のひとつです。またブランド品やお金のかかる趣味に関心が薄く重要視しない価値観は、とても居心地がよいといえます。さらに男女や人種による差別が少ないのも特徴。最後に、冬は長くて暗いですが、春夏は遅くまで明るく自然に恵まれ、空気もクリーンな国です。

そんなドイツに遊びに来るだけなら、英語だけで事足りますが、もし気に入ってドイツで働き、生活したいと思ったら、どうでしょう。世界のどこの国や地域でも同じですが、遊びに行くのと住むのとでは異なります。実際どの程度の語学力が必要なのでしょうか。

1.日本語だけで就職できるか

難しいです。デュッセルドルフは日本人村とも呼ばれ、日本人の数は多く、日本人学校、日本人向けのスーパーやレストランもたくさんあります。しかし、大学で勉強したい、仕事をしたいと思ったら、日本語だけでは何もできません。

2.英語と日本語だけで就職できるか

上記1のパターンより簡単です。ビジネスレベルの英語ができれば、日系企業に就職するチャンスが広がります。ドイツにある日系企業はヨーロッパ全域を市場としていることが多く、そのため国際語である英語が重要視されます。とは言え、顧客の多くは経済的に強いドイツにあるのでドイツ語ができるに越したことはありません。

3.どの程度のドイツ語力があれば就職に有利か

勉強を始めたとは言っても、実際に使えるようになるまでには時間がかかります。B1、B2(レベルは後述)になれば、少しは日常会話ができるようになり、B2であれば簡単な事務や仕事が可能。C1に達したら、ビジネスレベルの語学力とされ、就職にもかなり有利に働きます。また、ドイツの国立大学にも行ける語学レベルです。


ドイツ語力の評価基準について

EU共通の評価基準としてA、B、C、それぞれの中に1・2があるので、計6段階でレベルが定められています。Goethe-Institut によるレベル説明の日本語訳は下記の通りです。


出典:Goethe-Institut Japan

 

資格を取るための試験

Goethe-Institut:ドイツ語を学ぶのであれば、Goethe-Institut は世界で最高の教育機関です。政府にも援助され、試験結果は世界中で有効です。資格として評価されるのはB1以上でしょう。B1はドイツ永住許可を申請する際、必要になります。B2・C1は就活に有利です。C2は、母語者と同じレベルになります。

Leben in Deutschland:これは、政府機関が実施する、移民の方に対する試験です。例えばドイツ人と結婚し配偶者ビザでドイツへ入国してきた方や、駐在員がドイツに残る場合に受けるものです。後にドイツ国籍を取りたい方も、この試験に合格しなければなりません。試験の内容はドイツの文化、政治制度、教育制度、そしてドイツの歴史も含まれます。言語レベル的にはA2/B1レベルで、さほど難しくないです。しかし、準備せずに合格することはできず、ドイツに関する細かい知識が必要になります。

TestDAF:ドイツで国立大学に入学する際、必要になります。アートや数学など、あまり言語知識が必要でない学部はB2、社会学、経済学や法学などの場合はC1のレベルは必要になります。

DSH:TestDAFと同じように、大学に入学するためには必要です。TestDAFは選択式、DSHは各質問を200字以内で回答するクラシックなスタイルです。

Einbürgerungstest: ドイツ国籍を得たい方が受ける試験です。言語レベルはB2/C1で、言語より内容が難しく、ドイツの歴史、文化、議会制度、憲法等、ドイツ人でも準備せずに合格できないと言われています。

本記事では、ドイツでの就活の際に必要なドイツ語知識について説明しました。世界のどこでも同じですが、就職する場合、現地の言語を話せることは非常に有利です。
ドイツ語を学び始めた当初、どんなに頑張っても話していることがわからず、辞めてしまう方も沢山います。ドイツ語を勉強することは、まるで山を登るみたいなものです。山の頂上に達するまでは非常に大変ですが、一回その難しさを超えて頂上に到着すれば、景色も気持ちも最高で、価値があるものです。「Auch Rom wurde nicht an einem Tag gebaut」(ローマは一日にして成らず)だからドイツで生活したいなら、是非頑張ってドイツ語も勉強しましょう。

「Übung macht den Meister(練習は完璧にさせる・継続は力なり)!」

この記事をシェア